犬をペットホテルに預ける時に気を付けたいこと

家族の一員でもあるペットの犬がいてもやむを得ない事情で家を留守にすることもあります。そんなときに利用されるのがペットホテルです。冠婚葬祭で一日だけ、急な仕事の出張で面倒見てくれる人が見つからず数日預けたいなど、いろんな事情で活用されるペットホテルですが、さまざまなタイプのホテルがあります。トリミングやペットエステなどを行っているサロンでも数時間程度の預かり専門のペットホテル事業を行っている場合があります。その場合は、預かってもらっている間にトリミングやシャンプーもしてもらえて、飼い主さんと対面した時にはキレイな可愛い状態になっています。預かっている間にお散歩もしてくれて、部屋だけでなくドッグランのような開放的な空間で遊んでくれるという至れり尽くせりのペットホテルもあります。

愛犬と相性のいいペットホテルを利用したい

もし少し先に愛犬をペットホテルに預けなければいけないという時は、テストお泊りを経験させることでそのペットホテルが愛犬に合っているのかをチェックすることができます。判断材料は、預けたあとの犬の様子です。そのペットホテルの前に連れていき、嫌がるようであれば何か楽しくないことがあったと判断してもいいでしょう。犬にとって楽しい時間になるようなホテル滞在にしてあげるためにも、店員さんやそのホテルの雰囲気、対応などを事前に調べておくと安心です。預けている間にトレーニングをしてくれるホテルもありますが、そのトレーニング方法が厳しすぎることで愛犬がげんなりしてしまってはかわいそうです。人間と一緒で、犬にとっても肌に合う、合わないがありますので、口コミや利用者に話を聞くなどしておきましょう。

ペットホテルに愛犬の情報を伝えておく

愛犬をペットホテルに預ける時には、愛用しているおもちゃや敷物などを持参して、いつもの楽しい時間が過ごせるようにしてあげましょう。そして、持病や癖もしっかりと伝えて、おいたほうがいいでしょう。アレルギーの有無、人見知り、大きな音を怖がる、人と遊ぶのが大好きなど、たくさんの情報を伝えておいて何かの時には対処してもらうようにお願いします。メモにするなどしてもっていくのもいいでしょう。食事は、いつも食べているものを持参します。手作りご飯は管理の問題で受け付けてくれないホテルも多いので、ドライフードや缶詰などに入ったウェットタイプを持参します。ただでさえ環境が変わって不安な状態で、初めて見るものを出されても口をつけない犬も少なくありません。そしてホテルから引き取ったらお留守番ができた愛犬をいつも以上に可愛がってあげてください。