ペットホテルに犬を預ける時に持っていきたいもの

旅行ややむを得ない事情で飼っている犬を連れていけない場合に預かってくれるのがペットホテルです。ペットブームのあおりを受けてペットホテルの数も増えてきていますが、ペットホテルと一口に言っても運営している施設にはさまざまなタイプがあります。ペットホテルを専門にしている施設もありますし、トリミングサロンや動物病院、ペットショップが運営している場合があります。ワンちゃんにとっては飼い主さんと離れて過ごすことで不安になる子もいますし、飼い主さんも大切なペットを預けるのに不安を抱くこともあります。ペットホテルのそれぞれのタイプや特徴を知った上で、預けるワンちゃんの性格も考えてより良い施設選びをしていきましょう。ワンちゃんが少しでも快適に過ごせるように、持っていくと良いものもお伝えします。

犬を預けるペットホテルの選び方

ペットホテルといっても、犬の預かり方はさまざまです。1匹ずつケージに入れるところもありますし、すべてのペットを一か所に集めて自由に遊ばせるところもあります。施設の管理人さんがペットと一緒に過ごしてくれるところや夜間は無人になるところもあります。動物病院に併設している施設であれば、ワンちゃんの体調が悪くなった時でも対応してもらえて安心ですし、逆に動物病院だと感染症の心配がないとは言えません。どのようなペットホテルを選ぶかは飼い主さんの考え方ひとつです。愛犬の性格や生活スタイルを考慮して選びましょう。預ける施設を選ぶ時に、動物取扱業として登録されている施設かもチェックしましょう。動物取扱業の登録がされていれば、自治体から動物を扱う業務を行って良いという許可を得ている証明となります。

ペットホテルに犬を預ける時の持ち物

ペットホテルという慣れない環境に預けられると、不安に感じてしまう犬もいます。なるべくワンちゃんにストレスがかからないように、持っていきたいものを紹介します。慣れない場所に預けられる不安をなるべく少なくするために、飼い主や愛犬のにおいのついたものを持参すると良いです。いつも使っている毛布やタオルなどがあると、安心できます。ペットホテルでもおもちゃは用意されていますが、いつも遊んでいるお気に入りのおもちゃを持参すると良いです。あまり大きいと持ち込めない場合があるので、事前に確認するか、なるべく小さめのものを選ぶと良いです。環境が変わることで食欲が落ちてしまう場合は、いつもあげているごはんやおやつを1回分ずつ小分けして持っていくと良いです。万が一ペットホテルから脱出してしまった時のために、首輪に迷子札をつけておきましょう。